オタワワーホリ、ケベック州Gatineauの「Hull」に住んだリアルな生活環境は?


この記事はこんな人にオススメ
  • オタワワーホリ予定
  • オタワワーホリだけど、ケベック州側に住みたい
  • Gatineauの様子が知りたい

カナダワーホリ人気のエリアといえば、バンクーバー、トロントだと思います。

なんとなく同じ流れを踏みたくない僕は、カナダの首都「オタワ」でワーホリ!
(こういうところ、子供ですよねw)

オタワワーホリと言いつつも、住んでいたのは、ケベック州のGatineauというエリア。そのため仕事の日は毎日、オンタリオ州とケベック州を行き来していました。!

ケベック州といえば、カナダでありながら、第一言語は「フランス語」。

そんな場所に住んでいて、生活環境はどうだったのか?

僕の実体験をご紹介して行きます♫

オタワ(Ottawa)とガティノー(Gatineau)の位置

オタワ(Ottawa)とガティノー(Gatineau)は、オンタリオ州とケベック州に各々属するわけですが、
オタワリバーを挟んで、「お隣さん」になるので、この辺りは、ほぼ「一つの街」という感覚です。

オタワに住みながらガティノーで働く人は少ないですが、ガティノーに住みながら、オタワで働く、という人はたくさんいます!

実際に僕もガティノーに住みながら、オタワで働いていました!

僕が住んでいたのはガティノーの「Hull」(ハル)

僕が住んでいたのは、ガティノーの中でも、一番オタワ寄りの「Hull」(ハル)という場所。

オタワは目と鼻の先ですが、一応ケベック州ではあるので、街の雰囲気は、少しだけ変わります♫

そんな僕が住んでいた「Hull」の生活環境について、ご紹介して行きます!

オタワに一番近いケベック州、ガティノーの「Hull」の生活環境

フランス語圏!でも、みんな英語も話せる!

Hullは、ケベック州なので、第一言語は「フランス語」!

看板は基本的にフランス語になっています!

 

貼紙も基本フランス語。

多分ですが、「リオープン、5月25日の9時から」だと思いますw
(フランス語って、少しわかったり全くわからなかったり!笑)

 

でも、安心して下さい。

少しくらいは英語の看板もありますし、Hullに住んでいる人、働いている人は、ほとんどが「英語」も話せます!

オタワに近いだけあって、働く上では、フランス語と英語が必須なようです!

なので、1年くらいワーホリで住む分には、英語を少し話せれば、特に生活には支障はないかと思います!

逆に、英語が割と話せて、フランス語を学びたい人には、最強の環境です!

例えば、物の名前とかフランス語でわからない場合は、英語で聞けば教えてくれますし、その場でフランス語も学ぶことができます!

兎にも角にも、Hullは、「英語が少しできれば、生活はOK」「フランス語を学びたい人には、最強の環境」という場所です。!

オタワに近く、通勤/通学に便利

Hullは、ガティノーの中でも、一番オタワ寄り。

オタワまで、直通のバスが何本も出ているので、通勤や通学に困ることはないです!

なんなら、歩いてオタワまで行けます!

 

オタワリバーにかかる橋は、風景も抜群!!

めちゃめちゃ気持ち良いですよ♫

 

ちなみにこの橋から見るご来光がめちゃめちゃ綺麗。。!!!!

毎朝これが楽しみすぎて、通勤自体を、超楽しんでました♫

Hullに住めば、通勤・通学も楽しくなるかも?!わら

比較的、静かな住宅街

Hullは、バスや車の通りは割とありますが、比較的静かな住宅街です。

住んでいて、騒音が気になったことは、ほとんど無し!
(もしかしたら、コロナウイルスの影響で、静かにしていただけかも??)

飲み屋やレストランも近くにありますが、住宅街から離れた(徒歩1分~10分の)場所にあるので全然大丈夫です!

緑もあるし、特に夏は、気持ち良い場所ですよ♫

治安は普通だけど…

Hullの治安についてですが、「悪くはないけど、たまに、やばい人もいる」って感じです!

Hullに住んでいて、強盗や窃盗など、危険な目に遭ったことは一度もありません。

ただ、酒か薬物かわからないけど、めちゃめちゃ騒いでる人を道路で見たことはあります。笑

無視しておけば、危害は加えてこないので、問題はありませんし、
多分カナダって、どこでも、こういう人はいるっぽいです。

トロントから来た一緒に住んでた住民が、「トロントのダウンタウンの方が全然やばい」と言っていました。笑
(トロントに住んでいる方、実際どうなんでしょうか??笑)

ということで、Hullで、身の危険を感じたことは、1度もありませんでした♫

ショッピングが比較的楽

Hullは、バスも豊富ですし、メインストリートには、色々ショッピングができるところもあるので、生活には困らないと思います。
(写真のように、夏は気持ちよくて、歩いて買い物に行くのが楽しいですよ♫)

 

これは、食べ物から、飲み物から、非常食から、スパイスから、日用品まで、なんでも揃うコンビニ的な場所!
(多分個人商店かな?)

ちょっと何か足りない時はここで買い物していました!

 

大量に食品を買い込む時は、「Maxi」へ行っていました!

バスで10分、徒歩25分くらいです♫
冬は絶対に無理ですが、夏はお散歩がてら、「行きは歩き、帰りはバス」って感じで、毎回買い出しに行っていました!

Maxiの詳しい記事は別記事にてご紹介しています♫

 

こちらは中古家具屋さん!
家具、食器、洋服、靴、自転車、本など、なんでも売っています!!

特に欲しいものがなくても、全部がめちゃめちゃ安いので、とにかく行ってみて下さい!笑

ここで掘り出し物探すのめっちゃ楽しいですよ♫

レストランやカフェもあって、ジムもある!

Hullは、レストランやカフェ、ちょっとした食べ物屋さんなども色々あります!!

こちらは、行ったことないけど、雰囲気が良くて、人気のお店!!(なんの店かわかりませんっw)

 

カナダの大手チェーン「SECOND CUP」もあります!(僕の家から徒歩7分)
スターバックスも、すぐ近くにありました!

WiFiも繋がるので、作業したい人にはオススメ♫
(ただし、このエリアは政府関係の人も多いので、土日休みの場所が多いので注意です!)

 

ここが一番大きい「Portage通り」!
このストリートは、レスタとらんやバーなどたくさんあります!

 

大手チェーンの「SUBWAY」を始め、

 

よくわからないけど、おしゃれなお店。

 

ここは、Hullで一番人気のバーだと思います。
年越しの時とか、店の前通りましたが、半端じゃないくらい混んでいました!

ケベック州は、飲酒解禁年齢が、オタワ(オンタリオ州)よりも早いので、オタワ側から若者がよく飲みに来るそうです♫

 

スポーツ用品店などもあります!
これで、いつでもジムへ行けますね!♫

 

ちゃんと24時間営業のジムもあるので、トレーニングもがっつりでできますよ!!笑

 

Hullは、こんな感じで、ショッピングや、ちょっとした外食、ましてやジムもあって、生活には全く困ることはないと思います♫

「Hull」は、生活環境は申し分なし!

僕がカナダ(オタワ)ワーホリで住んでいた、ケベック州ガティノーにある「Hull」(ハル)というエリアをご紹介いたしました!

語学環境よし、通勤・通学の便よし、ショッピングより、外食よし!!

言い忘れていましたが、「家賃相場よし!」です!!
僕が住んでいた家は、「家賃$700」!
2人で借りたので、実質1人当たり$350(約2万8000円)でした!

実際に住んでいた家はまた別記事にしてありますので、ぜひご覧ください♫

合わせて読みたい記事

「Hull」での生活環境は、十分に整っています!!

旅人系ワーホリや、格安語学留学したい人には、確実に穴場エリアです!!

ぜひとも、Gatineauの「Hull」を選択肢の1つに入れてみて下さい♫

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!!



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です