オタワでワーキングホリデー!日本人はいる?英語環境はどう?


この記事はこんな人にオススメ
  • オタワに日本人っているの?
  • オタワワーホリの語学環境について知りたい

一生に一度のカナダワーキングホリデー、皆さんはどこの地でやろうか迷ったりしませんか?
バンクーバー、トロント、モントリオール、オタワ、カルガリーなどなど…

・せっかくのワーホリ、できれば、日本人が少ないところがいいな〜
・カナダでワーホリするからには、英語をもっと伸ばしたい!

なんていう人って少なくないと思います!

似たようなことを思っていた、僕がワーホリの地に選んだのは、「オタワ」!

実際にオタワでワーホリをしてみてどうだったのか?

 

【結論】オタワワーホリは、「日本人は超少なくて、語学環境は最高」です!

 

僕の実体験をもとに、もう少し詳しくご紹介して行きます!

オタワに日本人は少ない!

街には本当に日本人はいない

ワーキングホリデーをする前に、どこの土地でやろうか迷いますよね。

そんな時、頭をよぎる(よく言われる)のが、

  • ワーキングホリデーで日本人と絡みたくない
  • ワーキングホリデーで日本人と絡んだらワーホリ失敗

みたいなことありませんか?

まず、はっきり言っておきますが、

そんなのは関係ありません!!

別に自分の好きに行ったらいいです!

 

でも多分この記事見てる人って、

できれば、日本人の少ない場所で、ワーキングホリデーしたいなぁ〜。

って考えている人だと思います。

 

もしそうであるならば、僕の経験上、オタワは本当に日本人がいません!!笑

 

約7ヶ月滞在して、街で日本人を見かけたのは、1組(中年のおじさん2人組)だけ。

あとは、僕が働いていたコーヒーショップの近くに英語学校があったので、そこの日本人の生徒さんが、何人か来てくれた、という程度です!
(日本食レストランに行けば、日本人スタッフはいました!)

「日本人がいない」と言う点だけ見れば、オタワは超オススメです!!

大切なのは、日本人が多いか少ないかではない

でも、一番大切なところって、

「なんで、日本人の少ないところで、ワーキングホリデーしたいの?」

って言うことだと思います。

・日本人と絡んだら終わり、って言われる
・カナダに来て日本人と絡んでいたと思われたくない

そんな理由だったら、やめておいた方がいいです。

●日本人の少ないところに行って、
⇨語学を伸ばしたい。
⇨よりカナダの文化や環境を感じたい

と言ったような、何か「目標」があれば、いいと思います!

バンクーバーやバンフで、日本人と絡みまくって、1ミリも英語も伸びなかったけど、ワーホリめちゃめちゃ楽しんで帰ってきた!っていう人もいるので、結局は自分が何をしたいかだと思います!

僕の場合は、英語を伸ばしたい、というのももちろんありましたが、
その中でも、あまり人が行ったことのないような、面白そうなところに行って、情報を発信してみたい。というのがありました。

結果、まだまだ情報が少ない場所で、多少ばかりとも開拓できたので、オタワワーホリをしてよかったです!
(コロナでかなり予定が狂ったのもありましたが🤣)

英語環境は最高!フランス語も学べるチャンス!

語学環境は最高!みんなバイリンガル!

オタワでワーホリをするなら、語学環境は、間違いなく最高です!

もちろん全員、英語はペラペラ。

さらには、フランス語もほとんどの人が、ペラペラです。

オタワはカナダの首都で、政府関係の仕事をしている人がたくさんいます。
彼らはフランス語必須。

また、バスで5分行けばすぐにケベック州に入ります。ケベック州の第一言語はフランス語。
ケベック側からオタワに働きに来る人が非常に多く、オタワの街にいるそこらへんの人も、ほとんどの人がフランス語も話すことができます。

オタワで働けば、英語環境はもちろんのこと、
英語のみならず、フランス語も習得できる環境にいることは、間違いないです!!

第二言語としてのの英語

もう1点、僕の経験したことであげておくと、
オタワでは、意外と「第二言語として英語を話す」という人も多くいます。

簡単にいうと「母語が英語以外にある」という事。

なぜかというと、カナダは移民を多く受け入れているのはみなさん知っていると思いますが、
特にここ数年、オタワ-ガティノーエリアでの移民の割合が増加傾向にあるからです。
(ケベック州が移民受入定数を減らす政策を打ち出した事が理由とされています。)

特に、エコノミークラス(経済階級=カナダに経済的に恩恵をもたらすことができる人々)や、インターナショナルの学生から、PR(永住権)を取得する、という人が増えているようです。

実際に、僕が働いていたコーヒーショップは、オーナーさんが「スリランカ人」で、一緒に働く仲間は、インド人と、コロンビア人で、PR取得に向けて学校に通ったり、働いたりしている人たちでした。

また、もう一人カナダ人の人はいましたが、彼女は育ちがフランス語環境(母語はフランス語)だったようなので、英語は第二言語でした。(英語めちゃめちゃネイティブレベルでしたがw)

そんな感じで、「母語が英語以外」という人は以外に多いので、オタワで英語を聞く機会があれば、割と聴きやすいんじゃないかと思います!(もちろんネイティブネイティブの人もたくさんいます!)

こんな感じで、オタワでの語学環境は、めちゃめちゃ最強だと思います!

オタワワーホリ、環境は最高!あとは自分が何をしたいか!

以上、オタワの日本人の有無や、語学環境について、実体験を交えて、少々ご紹介いたしました!

はっきり行って、「オタワのワーホリ、環境は最高」だと思います!

語学の面でも、生活の面でも。

あとは、自分がどう行った「目的・目標」を持っていくかだと思います!

カナダワーホリを計画している人は、よく考えて、ワーホリ先を選んでみてください^^!

ただ、どこに行こうがカナダワーキングホリデー最高ですよ。!!😆

それでは今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です