パリの観光地にいる詐欺・スリ・窃盗集団?”ロマ”・”ジプシー”とは?対処法も!【フランス】


こんにちは!

今回は観光大国フランスのパりで続出する詐欺・スリ・窃盗被害について。

特に多いのが

“ロマ”・”ジプシー”と呼ばれる集団!

お決まりの手口で、あらゆる観光地に出没!

その手口と対処法をご紹介いたします!

“ロマ”・”ジプシー”とは?

ロマとは?

ロマとは、ロマ人のことで、移動型民族のことを指し、最も北インドの地の出身者の事を云う。

独自の文化や音楽、舞踊を持ち、世界各地に散らばっていった彼らは、
その影響力を世界の各地に与え、彼らの舞踊は、フランメンコダンスの原型になったともいわれる。

主に彼らは、音楽や舞踊で生計を立ている。
(今日では定住し、さまざまな職についている場合も多くあるという。)

北インドとは、”ラジャスタン”地域のことで、
現代でも、”ラジャスターニー”と呼ばれ、独自の音楽や文化がある。

ジプシーとは?

ジプシーとは、ロマ同様、移動型民族のことを云う。

現在は主にヨーロッパに住んでいるようだが、
その由来は、「エジプシャン」の頭の部分が取れ、「ジプシー」になったとされる。

すなわち、エジプトから来たという説が濃厚である。

ジプシーも特有の音楽があり、街角などでショーをして稼いでいたといいます。

ロマとジプシーの違いは?

ロマとジプシーの違いは、諸説ありますが、

【ロマ(ロマ人)】
→北インドを起源とする移動型民族

【ジプシー】
→エジプトを起源とする移動型民族

ということでしょうか。
専門家ではないのではっきりとはわかりませんが、個人的なこのように認識しています。

※ロマやジプシーに関しての情報が無数にあり、表記方法も様々あるため、個人の解釈、認識でいいと思います。
ただし、海外で”ジプシー”という意味は、”差別的意味を持つ”ということをお忘れなく。海外ではあまり口にしないほうがいいでしょう。




“ロマ”・”ジプシー”の特徴

彼らは、エッフェル塔・凱旋門・サクレクールなど、

多くの観光地で犯行を行っています。

以下のような特徴があるので、被害を減らすために、抑えておきましょう!

特徴①”肌が浅黒い”

観光地”サクレクール”

真ん中にいる、ボードを持っている彼女がジプシーです。

東ヨーロッパの人々だといわれていますが、実際はどうなのでしょうか?

確かに外見は、そんな気がします。

特徴②”子供”

観光地”エトワール凱旋門”

ジブシーのほとんどが子供です。

おそらく10歳~15歳くらいまでの女の子です。

特徴③”署名のためのボードを保持”

観光地”サクレクール”

こちらの大きく映る女の子。(大人に見えますが子供です)

左手に持っているのは“署名のサインボード”

これを持っている子はほとんどがジプシーです。

“ロマ”・”ジプシー”の詐欺・スリ・窃盗手口

“ロマ”や”ジプシー”は今日、社会的迫害を受けているようで、仕事につけず生活に困っている人たちが多くいるそうです。

そんな彼らは、観光客を狙って詐欺・スリ・窃盗を行っているという情報が相次いでおり、窃盗集団と呼ばれるようになってしまっています。

犯行手口

手口はとてもシンプル。

“署名を求めてきて。書いている間に物を盗む”

というもの。

 

~実際の犯行での会話~

ジプシー
Speak English?
KENTA
Yes!(or No)
ジプシー
OK! Sign Please here !
KENTA
OK! I am…
ジプシー
(ゴソ…ゴソ…ゴソ…)
KENTA
I am KENTA NONAKA….Finish!
ジプシー
OK! Thank you very much! Bye!
KENTA
No Problem! Bye!

 

・・・・・・・

 

KENTA
あれ?!?!携帯と財布がない!!!

 

~犯行終了~

 

となるわけです。

署名をしているうちに、ボードの下からポケットに手も入れたり、背中のリュックから荷物を盗まれています!

※しかも相手は複数のことが多いので、前に気をとられていたり、気づくのが難しいと思います!




“ロマ”・”ジプシー”の窃盗集団に遭遇時の対処法と予防

対処法①”無視する”

対処法1つ目は無視することです!

彼らが一言目に、

「Speak English??」

と行って来たらアウトです!

この時点で、無視してください!

対処方②”NON!と強く言う”

無視しても離れていかなかったら

“NON!”と強く怒鳴ってください!

“NON!”はフランス語で、そのまま”NO”という意味です。

僕はこれで、2,3人諦めさせることができました!

対処法③”走って逃げる”

それで付いて来る場合は、走って逃げましょう!

ただし、観光客がたくさんいる方や、近くに警察がいたらその人のほうへ逃げてください!

彼らも大きな問題にはしたくないです。

予防①”バックに鍵を付けておく”

彼らは署名中に盗むので、バックに鍵をつけておくことをおすすめいたします。
※ジプシーに限らず、旅行中は施錠おすすめ。

予防②”ポケットに物を入れない”

彼らは平気で、ポケットにも手を突っ込んできます!

貴重品は必ずバックの中に入れて、鍵をしておきましょう!

KENTAも5人のジプシー襲撃された!

実際に僕も、凱旋門の近くでジプシーに襲撃されました。

しかも一気に“5人”!

半端なかったです!!

 

~KENTAのジプシー実体験~

ジプシー
Speak English?
KENTA
・・・・・
ジプシー
Speak English?
KENTA
・・・・・
ジプシー
Write Here!

 

バンッ!!
(お腹のところにサインボードを叩きつけられる)

KENTA
?!?!?!
ジプシー
@#$*&%%$&^##$%^&

 

ガサガサガサガサッッ!!!
(服のポケットからバックを漁る)

KENTA
Hey!!F○ck Off!!(とは言ってないです) 
ジプシー
@#$*&%%$&^##$%^&

逃げ去っていくジプシーたち。

 

そして、ポケットをすべて確認。

 

 

何も盗まれてなかった!!

 

~KENTAのジプシー実体験終了~

 

KENTA
とまぁ、このような出来事がありました。

ボードをお腹に叩きつけられ、腕を掴まれ、ポケットを漁られ。。

奇跡的に何も盗まれなかったので良かったです。




その他の観光地での詐欺?ビジネス?

手首にミサンガを巻いてくる

メリークリスマーース!!」

とか

「ハッピーニューイヤー!!」

とかいろいろ行事ごとを絡めてミサンガを巻いてきます。

その後、お金を請求されるので、不要の方はしっかり断りましょう!

お土産売り

観光地では、よく黒人さんがいろいろなお土産の品を売っています。

個人的にですが、こちらは値段も別に高くないですし、料金も書いてあることが多いので、詐欺とは思いません。

安くお土産の品を買いたい方には、むしろおすすめです!

まとめ

今回は、”ロマ”・”ジプシー”についてご紹介させていただきました。

素敵なルーツを持つ彼らが、このような犯罪行為に及んでしまうことは少し寂しいですね。

ただ、実際に観光地で多発しているので、旅行者の方は気を付けて下さい!

楽しむために気を付けるべき点として参考になれば嬉しいです!

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんが無事にパリ観光できますよーに☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です