カナダで働いてみて、日本との違いや、感じたこと!


この記事はこんな人にオススメ
  • カナダで働くってどんな感じか知りたい

これからカナダワーホリで働く予定の人は、

「カナダで働くってどんな感じ?」

って思っている人、少なからずいると思います。

僕が実際に働いてみた体験談から、少しばかり雰囲気をお伝えしていきます!
※あくまでも、僕の働いていたコーヒーショップでの感覚なので、軽く参考程度にしていただければと思います!

カナダで、働くって感じ?

※写真はイメージです。
(僕が働いていたのは、こんなにおしゃれなところではありません!わら)

お客さんとの距離が近い

カナダで働いた感想として、一番感じたのは、「お客さんとの距離が、日本よりも近い」ということです!

日本でも当然、働く場所や環境によって違うとは思いますが、

なんでカナダでは、距離感が近く感じるのか考えてみました。

それは、理由は言葉にあるのかな?と、思います。

例えば、接客するときに「How are you?」って、言ったりしますよね。
ネイティブじゃない僕からすると、「元気?」とか「調子はどう?」ってどうしても脳みそが認識してしまいます。

それに対して、「調子いいよ〜!」とか、「今日はめっちゃ忙しい〜!」とか、「寒すぎるけど、なんとか生きてるよ〜!」とか、そんな生きた返しがくるんです!(もちろん何もない人もいます)

この生きた返しに、人と人とのつながりを感じ、「距離感が近い」と、感じたんだと思います^^!

 

日本とはまたちょっと違った距離感ですが、実際に体感してみると、めちゃめちゃ新鮮で、ドキドキすると思います♫わら

この距離感は、非ネイティブであり、日本人、であるからこそ感じる距離の近さかもしれませんね^^!

 

お客さんとお客さんの距離が近い

先ほどは、「店員さんと、お客さん」の距離感が近いと、言いましたが、

よくよく考えれば、「お客さんと、お客さん」も距離感が近い、と思いました!

僕が働いていたときに、こんなシーンがありました。

 

めちゃくちゃ寒い日の朝に、朝のラッシュで、たくさんのお客さんが並んでコーヒーを頼み、やっと列の最後のお客さんになりました。

 

そのお客さんが、

「One Rum and Coke Please.」

 

僕が、は?ってなった時、店内にいた全員が、大爆笑でした!!
(これはお客さんのジョークだったんですw)

 

こういうジョークを、お客さんとお客さん、店員さんとお客さん、みんなが「ジョーク」と認識し、共有できるところに、みんなの距離感に近さを感じるし、すごくいいなぁ〜と思いました!!

勝手な偏見かもしれませんが、日本のコーヒショップで出勤前に「ラムコーク1つ」っていたら、「ちょっと、あの人、何言ってんの?」ってなりそうな気がします🤣
(僕だけ、は?ってなってたので、根っからの日本人ですね!わら)

ただ、日本が悪い、カナダのように生きるべきだ!と言っているわけではなくて、
今ままで体験したことが無いことで、想像から外れた出来事だったので、驚きました!!

 

でもこれって、もう少し人生を、楽しく、楽に、生きれる環境なのかな〜って思ったり🙃!

仕事は分からなければ、助けてくれる

カナダでは、仕事が分からなければ、みんながしっかりとサポートしてくれます!
(これは日本との違いというよりは、カナダで働いて、感じたことです!)

カナダなど、英語圏で働くことは、言語は当然のこと、文化や、人との距離感も違うので、当然大変です。

仕事では、1回で理解出来なかった事、忘れてしまった事、知らない事、わからない事、たくさん大変なことがあります。

 

でも、僕のカナダでの経験では、自分がわからない時は、いつでもみんながサポートしてくれました。!

「それはお前の仕事だから全部終わらせろ」とか、「いきなりやったこともない仕事を振られる」といったことは、1度もありませんでした。

むしろ「1回教えるから、そのあとはチャレンジして、出来なかったり、わからなかったらまた聞いてね!」といったスタンス!

みんなめっちゃ優しかったです😭!

何回言われても出来なかったり理解できないのは問題ですが(笑)、頑張っていれば、しっかりみんなサポートしてくれます✨

当然働く場所にもよるとは思いますが、カナダは割とみんな優しいと思います♫

「ON」「OFF」がはっきりしている

カナダで働いてみて、すごく感じたことは、

働き方に「ON」と「OFF」がしっかりある、ということ。

僕のコーヒーショップでは、朝の仕込み時間・朝のラッシュの時間・お昼ご飯の時間は、基本的に忙しかったです。

ただし、週に2.3日は、「朝のラッシュ終了 ~ お昼ご飯の時間」(10:00 ~ 11:30くらい)までは、特にやることがありません。(全て仕込み等を終わらせているので)

 

この空き時間、何をしているのか?

 

「みんなで座って、コーヒー飲んで、世間話」していました!笑

 

日本だったら、仕事がなくても、座ることは許されず、何かしら仕事を探さなくてはいけない。みたいな風潮ありませんか?わら

カナダでも、それが全くないとは言いませんが、
基本的には、のんびりする時間が、勤務時間の中にありました!

ただ、のんびりしていても、お客さんが来たり、オーダーが入ったりすれば、テキパキやるのでOK!って感じ!

「ON」「OFF」の切り替えがしっかりできる、というのは、非常に良いし、大切だと思いました!

この「ON」「OFF」の切り替えは、日本とカナダで働くの中で、最も違いを感じたシーンの1つでした!!

たくさんの人種がいて楽しい

カナダは、「移民国家」と、言われてるくらい、たくさんの移民を受け入れています。

本当にいろんな国から人を受け入れているんですね。

特にカナダの首都オタワでは、白人、黒人、ヒスパニック、アジア系、南アジア系、東南アジア系、ほぼ全世界網羅しているのではないかと思うくらい、いろんな人種の人がいました!

 

実際に僕が働いていた、コーヒーショップでも、
スリランカ人、カナダ人(白人)、インド人、コロンビア人、日本人、といった感じで、めっちゃワールドワイドでした!

こんな感じで、いろんな国から来てる人たちと働いたり、話したりすると、めちゃめちゃ楽しいです!

日本で働くと(場所や職種、会社にもよりますが)、基本的に、日本人と働くことが多いと思います。

でもカナダは移民が多く、出会った人の国々に興味が湧くので、めっちゃ勉強にもなります!

・カナダ人の中でもケベックの人は少し変わっている
・インドとスリランカの関係
・コロンビアのコーヒー農園について

など、普通に日本で暮らしていれば、知らないこと、知ろうともしなかった事も、学ぶことができます。!

これは、日本で働いていては、なかなか経験できない、ある意味「カナダで働く特権」だと思います!!

カナダと日本では、働き方・環境の違いはあるけれど、自分が合うかどうか!

カナダと日本の働き方の違い、感じたことをまとめてみました!

スタッフとお客さんや、お客さん同士の距離感は、カナダの方が近かったり、ON OFFの切り替えがあったり、たくさんの人種がいたりと、日本との働き方や環境は、かなり違うように感じました!

もちろん、言語が違う分、感覚の受け取り方が違う、ということありますが、

結局のところは、実際にこの環境に肌で触れてみて、「どう思うか、どう感じるか。自分にあっているのかどうか。」など、考えることが大切だと思います。!

僕個人的には、非常に好きなスタイルだったので、働いていてとても楽しかったですし、やりがいを感じていました!

一生に一度のカナダワーホリだからこそ、感じたことを言葉で表現できると、より楽しいんじゃないかな、と思います!

カナダワーホリで働いて、どう感じて、何を思うのか、楽しみですね♫

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!!



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です