カナダワーホリ、仕事で覚えた実用性の高い英語フレーズ5選!


この記事はこんな人にオススメ
  • カナダワーホリで働く時に使える英語が知りたい!
  • コーヒーショップで働く英語が知りたい

「カナダで働き始める前に、少し英語の勉強をしておきたい、使える分を覚えてきたい!」

といった人に、僕が実際に使っていた、簡単な英語の文章をご紹介いたします!

特に飲食店で働く予定の人は、知っていて損は無いと思います!

クイズ形式でご紹介して行きますので、是非、自分でも考えてみてください!

※あくまでも、僕が使っていた一例にすぎませんので、たくさん言い方や、言い回しを知っていれば、それに越した事はありません!むしろ、たくさん増やして下さい♫!笑

僕がコーヒショップで使っていた英語

その①:「袋は要りますか?レジ袋と紙袋どちらがいいですか?」

袋は要りますか?レジ袋と紙袋どちらがいいですか?

サンドイッチや、Grab and Goなどを購入するお客さんに、よく聞くフレーズです!

特に、コーヒーショップで、軽食などを出しているところでは、覚えておいた方が良いと思います!

 

さぁ、なんというでしょうか?

答えは….

 

答え

自分:「Do you need a bag?」

お客さん:「That would be great!」

自分:「Plastic bag or paper bag?」

お客さん:「Paper bag please!」

 

どうでしたか?これは簡単でしたかね🤣

「Plastic bag」と「Paper bag」は、覚えておいたほうがいいです!

カナダでは、環境を気にする人が日本より多い(気がした?)ので、やっぱりPaper bagの方が、好まれました!

こういうのも働いてみて、新たな発見ですね♫

その②:「代わりに〇〇を入れましょうか?」

よくお客さんからこんな感じで聞かれます。

「What’s in it?」(中に何入ってるの〜?)

↑これ覚えておいたほうがいいです!
(ワッツィニ?って感じで聞かれて、最初、は?ってなりました🤣)

 

お客さんが食べれないものがある時は、
「その代わりに〇〇を入れましょうか?」

っと聞きます。

さて、なんというでしょうか??

 

答えは,,,

 

答え

お客さん:「Do you have breakfast?」

自分:「Yes, We have Breakfast bagel」

お客さん:「What’s in it?」

自分:「Bacon, egg, mayo, butter and cheese」

お客さん:「Ok, I’ll have it, no bacon please」

自分:「I can put Tomato instead of bacon.

お客さん:「That would be great! Thank you!」

「〜しましょうか?」というよりは、「〜できるけど?」みたいな言い方ですね!

カナダでは、ベジタリアンの人も多いので、こういった感じで「代わりに何かを入れてあげる」ということが、頻繁にあります!

そんな時、この僕が使っていたのは、「I can put 〇〇 instead of △△」は、覚えておくとめちゃめちゃ便利です!

その③:「少々お時間ください」

お客さんの会計が終わって、サンドイッチを作る時に、「少々お時間いただきます」という言い方。

これはちょっとだけ、ひねった言い方ですね!

 

答えは,,,

 

答え

自分:「It won’t be long!

これは少々日本語がずるかったですかね?🤣わら

「そんなに時間はかからないよ〜」「もうすぐできるよ〜」=(ちょっとだけ時間ちょうだい🤣)

みたいな感じ!笑

お会計終わって、サンドイッチを作る時や、
お客さんが注文の品を待っている時にかけてあげる一言。って感じです!

 

「少々お待ち下さい」よりも、「それほどお時間はかかりませんよ〜♫」って言ったほうが、聞こえがいいかも?笑

ものは、言いよう、って感じですかね??笑

その④:「こちら、温めましょうか?」

朝一で作った、マフィンや、クロワッサンとかを夕方に買いに来る人に、

「こちら、あたためますか?」

と聞く時に使うお決まりフレーズ。

 

さて、なんというでしょうか??

答えは…

 

答え

自分:「Dou you want me to warm it up?

これは結構鉄板のフレーズだと思います!

ただ、コーヒーショップのような場所で働くのであれば大丈夫だと思いますが、多分この言い方は、超砕けた感じだと思うので、働く場所によっては注意かも!

僕のコーヒーショップは、お客さんとの距離感が近かったので、全然問題ありませんでした^^!
(もしかしたら問題ないと思っていたのは、僕だけかも?🤣)

その⑤:「ミルクとクリーム、砂糖と蓋はそちらの棚にあります。」

コーヒーショップで働くなら絶対に覚えておいたほうがいいフレーズ。

「ミルクとクリーム、砂糖と、蓋はそちらの棚にあります。」

 

さて、なんというでしょうか?

答えは…

 

答え

自分:「Everything you need on that side.

「全部(ミルクもクリームも、砂糖も蓋も)、そちらにあります。」

この一言で、全部伝わります!!

 

スター○ックスとかもそうだと思いますが、今のコーヒーショップって、大体別でカウンターがあって、そこに色々おいてありますよね!

僕が働いていたコーヒーショップもそんな感じだったので、このフレーズが超役に立ちました!

「Milk on that side」とか「Lid on that side」とか、「~ on that side」は、色々使い回しが効くので、覚えておくと便利です!!

 

とまぁ、こんな感じですね^^!!

カナダで働く上で、英語は必須なので、是非、色々試してみて下さい!!

おまけフレーズ

「Have a good day」に続きがある?!

「Have a good day!」って、鉄板中の鉄板ですよね!

この返答で、「You too」とか「You as well」という返しは、よくあります。

 

たまに「I’m Trying!!」っていう返しが飛んでくる時があります!

最初、は?ってなりましたが、

「いい日にしようと頑張っている!!」という感じでしょうか??🤣

「I know you will make it!」と返しておきましたw

オタワの「Have a good weekend」の言い方が変わっている?!

オタワは、英語圏だけど、フランス語圏でもあります!
多分お客さんでも8割くらいが、両方喋れる人だったと思います!

そんなオタワでは、「Have a good weekend」の言い方が、めっちゃお洒落です。

 

それは…

 

「Bon Weekend!!」(ボン ウィーケンド!)

 

いや〜オシャレ!!!笑

多分、これ聞けるのは、カナダではオタワくらいかも?!
(モントリオールでもいうのかな?)

もちろん「Have a good weekend」の方が割合は多いですが、「Bon weekend」もよく耳にするので、是非使ってみて下さい♫

仕事で使うフレーズは事前に覚えておこう!

僕自身、働き始める前に、仕事で使えるフレーズを色々調べました。

今回ご紹介したフレーズは、事前に勉強したものもあれば、僕が耳で覚えたフレーズたちでもあります。

実際に使っていたものなので、実用性は高いですし、使用頻度も高いと思うので、是非使ってみて下さい!

また、仕事をスムーズに行うためにも、事前に色々なフレーズを頭に入れておき、実際に働いて使ってみたり、答え合せをしてみたりすると、楽しいです♫

当然、「そんな言い方あったの?!」ってこともたくさんあると思うので、それもまた盗んで覚えると、どんどん英語の知識が身についていくと思います!

英語を使って働くことは、やっぱり不安はあると思いますが、当然みんな最初は大変なので、とにかく、がむしゃらに頑張りましょう!!

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です