【Road To 喜望峰】船·バスコダガマvsチャリ·けんた(前編)


みなさん。こんにちは。


”喜望峰”

もちろん知らない日本人なんていませんよね。

 

日本の小学校教育では、必須の単語です。
(実際”ザビエル”のほうが圧倒的知名度)

 

実は僕、中学校社会科・高校地理歴史科・高校公民科の免許状持っています。
(ペーパーだけね。はは)

 

そんな教員免許状保持者が”喜望峰”に行かないわけにはいかない!!

というわけで、今回は、僕が行った喜望峰へ道 by チャリ!!の予習のお話です。

喜望峰に行く前に知っておくべき4つのこと

1⃣.喜望峰の場所・地図はどこ?

地図で見るとこんな感じです。
アフリカ大陸の南にあります!
南アフリカ共和国、ケープタウンのケープ半島にあります。
日本からだとものすごく遠いですね!!
距離にして約15000キロ。

下のグーグルマップで拡大してみてね☆

実は、喜望峰って、

アフリカ大陸の最南端ではないんです!

最南端は、”アガラス岬”と呼ばれるところで、

喜望峰からは東南東に約200キロほど行ったところにあります。

これ覚えておくといいよ~☆

2⃣.喜望峰の由来

喜望峰の名前の由来とはいったい何なのでしょうか??

あ、今更ですが、読み方は、”きぼうほう”です!

それでは過去をさかのぼってみましょう!

1487年、今から500年以上前のお話。

航海士バルトロメウ
国王様、お呼びました~~?
ポルトガル国王
アジアと貿易したいからちょっと行ってきて~~
航海士バルトロメウ
は~い、わかりました~~

ということで、インドを目指し、出航。

航海士バルトロメウ
インドはどこだ~!

アフリカ大陸の海岸沿いを進んでいきます。

ところが、、、

航海士バルトロメウ
大変だ!嵐だ!なんという波だああ!

 

そして彼らは、遭難したのです。。

嵐が去り、何とか御一行は難を逃れました。

アジアに向け、東に進んでいたバルトロメウ御一行ですが、

遭難したため、アフリカ大陸を通り過ぎたと思ってしまいました。

そこで航路を北に変更します。

航海士バルトロメウ
大陸だ!大陸が見えたぞ!向かうのだ!

そこで到着したのが、なんと、、、

アフリカ大陸。

航海士バルトロメウ
アフリカ大陸かーいw ではも、もう一度東に向かおう!それいけええ!!
乗組員A
ちょっと待ってください! バルトロメウ様!引き返しましょう!
乗組員B
そうです!未開の地をこれ以上進むのは危険です!
航海士バルトロメウ
あら、そう?では、みなさんポルトガルに帰りましょ~!

御一行はポルトガルに帰ることに。

その帰路の最中。

航海士バルトロメウ
みんな見てみろ~、なんだか、すご~く、いい感じの”岬”があるぞ~!

そうです。

これが後に言われる“喜望峰”です。





そしてバルトロメウは王様に報告しました。

航海士バルトロメウ
王様~、遭難しちゃって大変だったよ~、帰りにいい感じの岬を見つけたんだけど、嵐によってたどり着いたから ”嵐の岬”とでも名付けるとするよ~はは
ポルトガル国王
なんだって?それは素晴らしいではないか!インドへの航路が見えてきた!“希望”が見えたぞ~!よし、そうだな、その岬は”喜望峰”と名付けよう~!なんつって~はは





ということで“喜望峰”が発見され、名づけられました。
(実際のところ、由来はまだ学問的に証明されてないようです)

参考までに、航路の写真を載せておきますね☆
(教員免許持ってますから、資料集くらい持ってますよ。)




3⃣.バスコダガマ、喜望峰経由しインドへ

バルトロメウが喜望峰を発見したのは結構な功績で、のちに、

“バスコダガマ”が、喜望峰経由で、インドに到達しました。

バスコダガマが、航海ルートを確立し、

ポルトガルは、インドとの貿易が盛んになりました。

貿易で主な輸入品は、香辛料でした。
(さすがカレーの国インドです)

この貿易はポルトガルの繁栄に大きな勢いをもたらしました。

航海士バルトロメウ
いや~、ガマ君が何とか到達してくれてよかったよ~。
バスコダガマ
バルト様のおかげで、インドまでたどり着くことができました!ありがとうございます!
航海士バルトロメウ
あらそう?僕のおかげ?そうだよねええ!!
バスコダガマ
・・・

実は、バスコダガマの航海もとても厳しいもので、

出国時=船4隻・乗組員170名
帰国時=船2隻・乗組員55名

と、3分の1ほどしか帰還できていません。

バスコダガマ
バルト様には、もう少し敬意を表していただきたい。

4⃣.喜望峰って英語でなんて言うの?

これからけんた(管理人)はチャリで喜望峰まで向かいます。

そのためにはまず情報集めですね。

でも、情報集めで”喜望峰”を連発しても、

南アフリカ人は誰もわかりません。

ちゃんと、英語名を学ばなくてはいけま..

航海士バルトロメウ
ハロー!!皆さんこんにちわ!!航海士バルトロメウです!!僕からクイズです!!さて、”喜望峰”は英語でなんというでしょう~!!
ポルトガル国王
バルトくん出たがりだな~…
航海士バルトロメウ
①”Enjoy Hope Cape”
航海士バルトロメウ
②”Road To India”
航海士バルトロメウ
③”Cape Of Good Hope”
航海士バルトロメウ
④”Road Of Bartolomeu Dias
ポルトガル国王
1回で言えばいいのに。なんで4回も出てくるかな~…
航海士バルトロメウ
正解は~……..





どぅるドン!!!!


航海士バルトロメウ
④番の“Road Of Bartolo…

管理人
違います。
ポルトガル国王
やばぁあい、管理人でてきた…汗
航海士バルトロメウ
あ、ぁあ、皆様、大変失礼しました!答えは、え、あ、さ、③”Cape Of Good Hope”で、ですっ!
管理人
ポルトガル国王
管理人の圧やばぁぃ。こわぁ。。
航海士バルトロメウ
せ、正解した、き、君!た、大変よくできました!べ、べべ、勉強頑張るんだよお~!そ、それではごきげんよう!
バスコダガマ
バルト様怒られた。ぷ

はい、ということで、

正しくは“Cape Of Good Hope”が答えです!

皆さん是非覚えておいてね~☆

まとめ

“喜望峰”

名前は、聞いたことがあるかと思いますが、

このような背景があったのご存知でしたか?

まとめ
・ポルトガルは、アジアと貿易したい。
・バルトロメウが、出航するも到達できず。。
・帰り道に、”嵐の岬”を見つける。
・王様がそれを”Cape Of Good Hope”(喜望峰)名付ける。
・それをもとにバスコダガマがアジア(インド)へ到達。
・ポルトガルはインドとの貿易で繁栄する。

このような歴史的背景です!

皆さん覚えておきましょう~☆

次回予告

次回ついに、けんたがチャリンコで喜望峰へ向かいます!

“バスコダガマは航路を確立!果たしてけんたは、陸路(チャリ)を確立できるのか?!”

にしようかと思ってまーす!

ぜひみてねー!!

またこの人。。。

ありがとう☆

(完)

後編はこちら↓↓から☆

【Road To 喜望峰】船·バスコダガマvsチャリ·けんた(後編)

1月 25, 2018



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です