“ジャイプール”から”階段井戸チャンドバオリ”へのバスでの行き方【写真動画付解説】


こんにちは!

今回は、アーグラーとジャイプールの間にある観光地、

“階段井戸チャンドバオリ”への行き方

について詳しく写真動画付で解説いたします!

チャンドバオリへの行き方

直便は無し!”シカンドラ”(Sikandra)を目指せ!

ジャイプールから階段井戸チャンドバオリまでの、直通バスはありません!

ジャイプールの大きなバス停”シンディキャンプ”(Sindhi Camp)でローカルバスに乗って”、シカンドラ”(Sikandra)という階段井戸の最寄のバス停まで行きます。

そこからオートリキシャーで行くのが、一般的な行き方です!

シンディキャンプ→(バス)→シカンドラ→(リキシャー)→チャンドバオリ

という流れになります。

“バスの料金”と”リキシャ―料金”

①”シンディキャンプ”→”シカンドラ”の片道料金【男性:Rs100、女性:Rs75】です!

②”シカンドラ”→”階段井戸チャンドバオリ”の往復料金【リキシャ―1台:Rs200~300Rs】です!
※ドライバーの階段井戸での待機時間(1時間)を含みます。

KENTA
リキシャ―は、大人数で行けば割安になりますよー♪

帰りのバスは、プライベートバスの場合、値段が変動する場合があるのでしっかり交渉しましょう!

一緒に行く人を捕まえたい人は、トニーゲストハウスなんておすすめですね♪

【ジャイプール宿】日本人宿"TONY GUEST HOUSE"に宿泊!驚愕チャイ飲み放題!

2019.02.15

所要時間

移動の所要時間は、全部で片道約2時間半~3時間半です!
※バスの出発のタイミングや、交通状況等によって異なります。

バス:約2時間、リキシャ―:約30分でした。

ちなみに僕が乗ったバスは、10:30頃の出発し、12:20頃の到着でした!




行き方を写真で解説!

出発地はジャイプールの大きなバススタンド”シンディキャンプ”(Sindhi Camp)です。
※”Sindhi Camp”までの行き方は以下参考になりましたら幸いです。

トニーゲストハウスからバス停"SINDHI CANP"(シンディ・キャンプ)への行き方

2019.02.22

 

バス停の中に入りましょう!

 

入ったら一旦右手に行きます。

 

このような売店があるので、スナックや水を調達しておくと良いと思います!
※真夏だとバスには超暑いので、必ず冷たい水を!

 

その売店に向かって左手に進みます!

 

そのまま真っすぐに行きます!

 

すると”1番”のチケット売り場がありますが、
“2番”のチケット売り場が出発地なのでそちらへ行きましょう!
そのまま真っすぐです!

 

すぐに”2番”のチケット売り場が見えてきます!
早速中へ行きましょう!

 

ここでチケットカウンターなので購入することができます!
が、バスの中でも直接購入することができるので、買わなくても平気です!

 

この辺りにいるインド人たちに
「”シカンドラ”(Sikandra)!」と聞けば、すぐに教えてくれます!
「あのバスだ!」とか「こっちへ来い!」とかいろいろ!

 

そしてバスが見つかりました!

 

中はこんな感じです!
もし可能であれば進行方向に向かって左側(この画面だと2人席の方)に座ったほうが良いかもしれません。
日差しが入ると半端じゃないくらい暑いのでww

 

そして待っていれば、チケット売りのおじちゃんが来るので購入しましょう!
値段は【男性:Rs100、女性:Rs75】です。

 

それでは出発進行でーす!!
運転手にも「シカンドラで降りる」と伝えておきましょう!

 

はい!”シカンドラ”に到着しました!
画面奥のほうから来て、大きな交差点で卸されます!

 

反対車線には、ちょうどジャイプールに行くバスが止まっていたのでパシャリ!
帰りは反対側から乗ります!

 

ということで階段井戸チャンドバオリ行きのリキシャ―を探します!
※というかバスを降りた瞬間に、たくさんいるので問題ないです!
料金は【1台Rs200~Rs300】程度です!

 

後は、おじちゃんに任せれば、問題ありません!

それでは、お気をつけてチャンドバオリへいってらっしゃい!!

KENTA
お疲れ様でした!

階段井戸チャンドバオリをお楽しみください!




行き方動画解説

行き方を動画にまとめましたので、参考になれば嬉しいです!

まとめ

ジャイプールから”階段井戸チャンドバオリ”までの行き方をまとめました!

バス停の人たちは優しい人たちなので、スムーズに行けるかと思います!

ただし、片道約2時間半と少々長いので、真夏の旅は体調にはくれぐれもお気を付けください!

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんが無事にアメール城にたどり着けますよーに☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です