【ジャイプール観光】インド全土から観光客が訪れる”中央博物館”(アルバート博物館)!


こんにちは!

今回はジャイプールの博物館

“中央博物館”(Albert Hall Museum)

についてご紹介いたします!

中央博物館(Albert Hall Museum)について

アルバート博物館は、多くの近代の芸術家の美術作品から古い美術作品までを扱っており、全国各地からそれらの購入や見学目的のために、多くの観光客が訪れます。

1876年に完成したアルバート博物館は、当初コンサートホールとして建てられた建物ですが、1880年以降、当時のジャイプール王”Singh2世”によって博物館へと目的が変更になりました。

名前の由来は、ロンドンの”Albert Museum”に似ていることからその名がつけられました。




中央博物館(Albert hall Museum)の場所・営業時間・行き方・入場料

場所・営業時間

名称 中央博物館”Albert hall Museum”
住所 Museum Road, Ram Niwas Garden, Kailash Puri, Adarsh Nagar, Jaipur, Rajasthan 302004
営業時間 9:00~17:00,定休日火曜
入場料 300Rs/150Rs(一般/学生)
所要時間

行き方

風の宮殿からリキシャ―で行くのが良いです!

“Albert hall Museum”もしくは“Central Museum”と伝えれば行けます!

【ジャイプール観光】定番"風の宮殿"で写真映え!~歴史と内部の魅力に迫る~

2019.02.24

入場料

入場料は300Rs/150Rs(一般/学生)となっています!

他の観光地も回る予定の方は、コンポジットチケットの所得をおすすめいたします!

ジャイプール観光前必読!なぜピンク色?旧市街?超お得なコンポジットチケットとは?

2019.02.23




中央博物館”Albert Hall Museum”の展示物一覧

メタルアート
19世紀の金属作品

武器と防具
槍、矢、弓、戦士用ヘルメット、刀、虎刀など

陶器
デリー地方の陶器や、ビカネ―ルやハイデラバードの素焼き陶器、ジャイプールで有名な青い陶器など

彫刻
ヒンドゥー教の神々の石像彫刻や4世紀ごろの古い彫刻

Clay Works
粘土ベースの作品のことで、ヨガの姿勢やカースト制度などを表現している作品

大理石作品
ジャイプールの廃墟寺院から取り出された彫刻像や、ヒンドゥー教、ジャイナ教のの現代美術の作品

国際アート
日本の人形や、ファラオの骨董品、エジプトのミイラなど

コイン
11世紀以前、使用されていた、様々なタイプのコイン

楽器
インドで大切な音楽芸術や舞踊などに関する楽器

その他
上記のもの以外にも、多くの展示品

まとめ

ジャイプールの中央博物館”Albert hall Museum”についてご紹介させて頂きました!

今回は入館はしなかったですが、有名な観光地の一つなので、興味のある方はぜひ訪れてみてもいいかもしれませんね!

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんが中央博物館を楽しめますよーに☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です