【ジャイプール観光】定番”風の宮殿”で写真映え!~歴史と内部の魅力に迫る~


こんにちは!

今回はジャイプールの定番観光スポット

“風の宮殿”(HAWA MAHAL)!

についてご紹介いたします!

風の宮殿とは?

風邪の宮殿とは、まさに現在のジャイプールの定番観光地です!

インスタ映えスポットとしても世界各地から多くの人が訪れています。
※”#hawamahal”で検索

観光前に知っておこう風の宮殿!
風の宮殿にはモデルが存在する
→モデルになったのは、ジャイプールから北にある”Khetri Mahal”という建物。

建設は200年以上前の1799年
→当時の王様”Sawai Pratap Singh”によって建設。

953個の窓がある
→風通しを良くし、建物内を涼しくする為。同時に王族の避暑地として利用されていた。

風の宮殿と呼ばれる理由
→風の宮殿と呼ばれる理由は上記の通り、風を利用した建物だから。

当時、ヒンディー教の高いカーストの女性は公共の場で姿をみられてはいけない
“Purdah”という仕来りから。特に王族。

中にはたくさんの鉄柵格子がある
→女性たちが外の日常を姿を見られることなく見学するため。

実は超絶薄っぺらい
→後に紹介するが有名な正面の建物は実はとても薄い。

KENTA
“風の宮殿”と呼ばれる由来は、風の利用した建物だからということなんだね!

そして、王族の女性がローカルな日常を姿を見せることなく見学できるという、女性のための建物でもあるそう!

以上、観光前に知っておくとより楽しめそうですね!!




風邪の宮殿の場所・営業時間・行き方

場所・営業時間

名称 風の宮殿”HAWA MAHAL”
住所 Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002
営業時間 9:00~16:30(ライトアップは日没後)
入場料金(大人/学生) 200Rs/25Rs(内),無料(外)
公式サイト http://www.hawa-mahal.com/tourist-composite-ticket/

行き方

行き方は、基本的にはリキシャ―かローカルバスだと思います!

どちらも“HAWA MAHAL”(ハワー・マハル)と伝えれば、向かってくれます!

ローカルバスの乗り方は以下記事でご紹介しておりますので、参考になれば嬉しいです!
1人10ルピーで乗れます!

【10ルピー】目的地を叫べ!ジャイプールのローカルバスの乗り方!【写真動画付解説】

2019.02.22

風の宮殿(ハワ―・マハル)を観光(外側)!

風の宮殿で有名なところといえば、やはりこちらの建物の正面!

かなり大きいです!

まるで立派なお城をドンっと構えているような感じですね♪

インスタ映えしてみた?♪

インスタ映えスポットといわれる場所で、僕も写真をいくつか撮ってみました!笑

どうですか?

KENTA
全然インスタ映えしてないw まだまだ修行が足りないですね。

ちなみにインスタグラマー的な人があげるとこんな感じです!

シャレオツですね~✨

風の宮殿の向かい側にはカフェがあるので、そこから撮るとお洒落な写真が撮れそうです♪

歴史から見る風の宮殿

歴史的な部分は上記の通りです。そちらを踏まえてみていきましょう♪

建物をよく見てください!
大量の窓がついていますね。こちらが風の宮殿といわれる由来の窓です!

 

さらによく見てみると、小窓の上にも、小さな穴がたくさんあるのが見えるでしょうか?

これが王族の女性が“Purdah”を守りながら庶民の日常生活を見ていた穴です!
確かに外から中は見えませんね!

KENTA
写真を撮るだけではなくて、このような事を知っておくとまた、面白いですよね♪




風邪の宮殿(ハワ―・マハル)を観光(内部)!

内部への入り口は別なので注意!

風の宮殿の内部を見学しましょう♪

内部を見学できるのは“9:00~16:30”です!
※外側は日没後ライトアップがあるのでそちらもお楽しみください♪

なお、外側と内部は入り口が違うので注意!

有名な正面の建物からは、歩いて5分程度です!

チケットを購入!入場料は200Rs/25Rs

まずは、チケットを購入しましょう!看板があるところから中へ入っていきます。

気持ちの良い通りになってます!

 

少し歩くと、チケットカウンターがあります!

 

外国人観光客は200Rs、学生は25Rsです!

他にも観光予定の方は、お得なコンポジットチケットの購入をおすすめいたします!

ジャイプール観光前必読!なぜピンク色?旧市街?超お得なコンポジットチケットとは?

2019.02.23

 

コンポジットチケットを購入しておけば、チケット代がお得になるだけでなく、以下の写真のようにチケットカウンターで並ぶ必要もなくなるのでおすすめです♪

内部へ潜入!

中に入ると、素晴らしい空間が広がっています!

内側はピンク色ではなく、黄色や白を中心とした色使いですね!

 

内側の建物にもたくさんの窓が取り付けられており、こうして、風の通りを良くしていたんですね!

歴史的な窓を楽しもう!

中の窓から外を覗くこともできます!

 

どれどれ~~~

 

GoProで撮影する女性のGoProを覗く、でかい風船を持ったインド人の風船売りが見えます。

 

“Purdah”の仕来りから、かつの女性たちはこのように庶民の暮らしを眺めていたようです!
ちゃんと目を近づければ、外の様子ははっかり見えます♪

 

他にもステンドグラスの窓もありました!
とても素敵です!

風の宮殿の裏側

さて、内部紹介の大目玉、風の宮殿の裏側を見ていきましょう!

宮殿を上っていきます!
※薄い…..薄いぞ!!

 

ということで、

ドーーーンッッ!!

薄っぺらい!!!笑

 

個人的には、漫画ワンピースのモンブラン・クリケットの家を連想しますね!

薄いですが、空の青とのコントラストは素晴らしい♪

 

ということで、僕も記念写真をパシャリ!笑

なぜ、こんなに薄いのか?

何故、この宮殿が薄いかというと、

前述の通り、王族の女性が庶民の生活を見るために作られた、というのが理由なので、特に大きなものを作る必要はなかったようです!(十分大きいですが)

正面から一転、内部から見るのもなんだかおもしろいですね!笑

KENTA
外側だけでもいいですが、歴史を知ったうえで、内部を見るというのも、とてもおすすめです♪

内部から見える写真ギャラリー

綺麗な青空がとてもいい感じです♪

 

反対側には、世界遺産のジャンタルマンタルが見えます!
右奥に見えるのは、シティパレスと、ナハ―ガー要塞でしょうか。

 

中には噴水もあるのでタイミングが合えば鑑賞可能!

 

以下↓↓なんだか倒れそうな連続写真。笑




風の宮殿で”トリック写真撮影”

個人的に超やりたかったのですが、実現しなかった撮影方法があります。
※超個人的です。

内部の2Fにある窓から外を覗きます。

 

そしてこれを、外から撮影すると….

こんな感じになるはず!!!

今回撮れなかったのは残念。。

いつか再チャレンジしたいと思います!!

まとめ

ジャイプールの定番観光スポット”風の宮殿”についてご紹介させていただきました!

定番は外側での写真撮影ですが、内側も意外と面白いので、お金と時間に余裕がある人はおすすめですね♪

歴史も事前に知っておくとより楽しめるかと思います!

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんの”風の宮殿”観光が楽しいものになりますよーに☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です