インド国内移動方法
PR

ジョードプルからウダイプルへの行き方!(バス/鉄道)

KENTA
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!

今回はラジャスタンの移動情報!

ジョードプルからウダイプルへの行き方(バス/鉄道)

についてご紹介致します!

スポンサーリンク

ウダイプルってどこ?

ラジャスタンの中でも南側に位置し、ジョードプルからは、約250kmの距離。

ジョードプルからウダイプルへの移動(鉄道列車)

ジョードプルからウダイプルへの直行列車はありません!

ということなので、鉄道の選択肢はないです!!

借りに行くとすれば、

「Jodhpur⇒Ajmar⇒Udaipur」

と乗換の必要があるので、面倒です!

ジョードプルからウダイプルへの行き方(バス)

上記した通り、鉄道でのアクセスは非常に面倒なので、選択肢にはありません

バスでの移動方法について、詳しくまとめましたのでご紹介致します!

時刻表

バスの時刻表は以下の通りです!

赤枠で囲った部分が、出発時間です!

到着時間の記載はありませんが、乗車時間は約5~6時間程度です!

今回利用したのは、最終バスの22:30のバスです。

出発駅と到着駅の写真と地図

【出発:Paota Roadways Bus Stand】


【到着:Nagar Nigam City Bus】


どちらも大きな駅なので、迷うことはないです!

【実際に移動!】チケットはバス停で購入。値段は約Rs300~。

上記の地図で示した、ジョードプルのPaota Roadways Bus Standに行くと、バスがたくさん止まっています。

バスの裏側には、”INQUIRY”があるので、ここで行先を伝えて、チケット売り場のカウンターに行きます!

すぐ隣にチケットカウンターがあるので、購入します。

今回の、ウダイプル行は、「1番カウンター」ということだったので、もう一つ左のカウンターへ。

ここか、ウダイプル行のチケットカウンターです!
おじちゃんがいるので聞いてみましょう!

いやいやいや!!!ちょっと待って!!!笑

おじちゃんチケット買うよ!!!

何とか、無事に購入に成功!!

このチケットをもって、夜、またバス停に集合です!

チケットの料金は、約Rs300前後で、荷物込みの値段です!
※女性はチケットは約20%割引。

購入したチケットに値段の記載があるので、騙される心配はありません。

出発時間の20分前集合(今回は22:30出発)

バス停には20分前くらいに集合しておくのが安心です!

バス停には、売店もあるので、軽食の購入も可能!

しばらく待っているのバスが到着!

バスが周りにもいくつかあるので、間違えないようにお気を付けください!

バスに乗り込み出発!

バスに乗り込みます!中は意外と綺麗です!

ダブルのスリーパーを予約したので、こちら場所です!

トイレ休憩もありますが、事前にしっかりといっておきましょう!

冬場(12~3月)は隙間風が入るので、ブランケットがあるといいかもしれません!

ウダイプルに到着

バズに揺られること、約6時間、ウダイプルのバス停に到着です!
※到着場所の地図は上記有

まだ真っ暗だったので、リキシャーに乗って、一気に宿まで行きました!

バス停から中心街まではRs150~Rs200ほどあれば行くことができます!

大体の宿が、以下の地図のジャグディッシュテンプルの周りにあるかと思うので、1つ目安にしてみてください!

以上がジョードプルからウダイプルへの行き方です!

けんた
けんた

ウダイプルへの移動は、特に難しいことはないので、比較的楽に移動できるかと思います!

少しでも参考になりましたら嬉しいです!

まとめ

ジョードプルからウダイプルまでの移動方法をまとめました!

鉄道移動は直行便がないので選択肢はないです。

バスの移動方法はシンプルなので、簡単に移動できるかと思います!

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんが無事にウダイプルへたどり着けますよーに☆

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
けんた(ダンナ)&<br>みれい(ヨメ)
けんた(ダンナ)&
みれい(ヨメ)
フードトラックのインドカレー屋さん
【2017年に開設されたけんたのぶろぐに2023年よりヨメが参入しました】

インドで出会い、ふたりで旅をするように2年ほど海外生活を送った後、
長野県にある人口1500人の中山間地域へ移住。
フードトラックのインドカレー屋さんをオープン。
カナダワーホリの経験もあるため、本ブログではインド情報とカナダ情報を発信。
2023年11月より、待望の再渡印を迎える。
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました