カナダワーホリで「Kijiji」を使った家探しの実体験とコツをご紹介!


この記事はこんな人にオススメ
  • カナダで家探し予定
  • 「Kijiji」で家探し予定

カナダワーホリで1つの大きなイベントごとといえば「家探し」

日本語のサイトもあるけれど、現地のローカルサイト「Kijiji」で家探しをしてみたい!という人もいるかと思います。

実際にKijijiで家を探した僕が「家探しのコツ」をまとめてみました!

参考になれば幸いです。

カナダのローカル家探しサイト「Kijiji」とは?

「Kijiji」とは、カナダ人が利用するローカル総合サイトで、家探しだけではなく「仕事探し」「物の売買」などもできます。

草しい記事は別記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

合わせて読みたい記事

 

それでは、「Kijiji」で家探しする場合のコツをご紹介いたします。




「Kijij」家探しにおいて行う【3つ条件設定】

まずは「最低限設定するべき条件」を決めましょう。

最低限設定すべきの3つ条件

  • 「レンタル期間」の設定
  • 「場所」の設定
  • 「値段」の設定

「レンタル期間」の設定

レンタル期間は、大きく「Long term Rentals」(長期)か「Short term Rentals」(短期)になりますが、

長期の場合は、1年以上の契約を求められることが多いので、短期の「Short term Rentals」を選択すると良いです。

「何月何日〜何月何日まで」という場合がありますが、もっと長く住みたい場合は、実際に連絡を取って確認してみたほうが良いでしょう。

「場所」の設定

次に、自分の住みたい地域を設定します。

僕の場合は「Ottawa」で設定しました。また、

掲載された物件情報のページには、さらに詳しい地図も載っていますが、最終的なアドレスは、実際にやり取りが始まってからとなります。

実際のアドレスが気になる人はコンタクトを取りましょう。

「値段」の設定

最低現状条件設定最後は、値段設定です。

だいたい自分が借りたい額の「+$100~200」くらいに設定しておいて、あとで値段を引き下げることができるか交渉しても良いと思います。

また、最低料金も「$200」などに設定しておくといいです。

たまに物件以外によくわからないものが混ざっていることがあるので、排除できます。

以上が3つの最低限の条件設定です。

「Description」をよく読み、細かい内容を確認

「Description」をよく読む

上記の内容で、気になる家が見つかったら、「Description」をよく読んで細かい内容を確認しましょう。

○だいたいこんな感じで書いてます。

めっちゃいい部屋!動画もあるから見てね!

12年前に出来た2つの寝室とベースメントあるナイスな部屋!リビング、ダイニング、ランドリー、風呂もあるよ!場所は、BANK/Walkleyで大学まで歩いて15分程度!部屋は家具付きで、ベッド・机・椅子・クローゼットもあるよ。

家は21歳の綺麗好きな大学生とシェア。パーティーとかうるさいのダメ。禁煙だしもちろんマリファナもNG。あとペットも。

家賃には、電気代、水道代、ネット代金、全部込み!駐車場が必要なら別途料金!

とりあえずビデオもあるから見てみて!

とまぁこんな感じです。

この「Description」に色々細かいことが書いてあるので、よく読みましょう!

よくわからない場所があれば、Googledで検索しましょう!

「Description」で確認しておきたいこと

ここでよく確認しておきたいことがいくつかあります。

確認しておきたいいくつかのこと

  • タバコ等について
    ⇨喫煙者の人、禁煙者の人、ともに確認しておいた方が良いです。
  • 家賃に振り込まれるもの
    ⇨家賃に光熱費が含まれるのか否か、他にもネット代金が含まれるか否かなど。
  • 禁止事項について
    ⇨ペット不可、パーティー不可、など禁止事項についても確認しておきましょう。

僕が確認しておきたいことはこんな感じですが、他にも確認したいことがあれば、Descriptionをよく読むこと。

また、記載がなければすぐに連絡しましょう。




「Kijiji」での家探しの【最大のコツ】と「意外なコツ」

家探し「最大のコツ」

「Kijiji」で家探しする際に、最大のコツがあります。

それは、、

 

とにかく、コンタクトを取りまくること。

 

実際カナダに来て、右も左もわからず、英語もそんなに出来ないから、少しずつ慎重にやって行こう..なんて思うかもしれません。

しかし、家はどんどん決まっていきますし、躊躇している暇はありません。
また、連絡を取り合って、内覧くらい、どこの大家も気軽に案内してくれるので、迷う必要はありません。

気になった物件があったらどんどんコンタクトを取って、たくさん内覧に行きましょう。!それで、英語も上達するのでありだと思います!

どんどんチャレンジしましょう!

家探しの「意外なコツ」

家探しにおいて「意外なコツ」もご紹介いたします。

こちら写真をみてください。

Descriptionが、意外と短くて、内容もさっぱりしていますよね。

この場合、大家さんが堅苦しくなく、近い距離感で話を進められる人だと思います。

本当に人と人って感じですよね。

このような物件は、写真をみて気に入れば、内乱に行くことをおすすめいたします!

 

たまにですが、
「あなたの状況について、質問票があるので記入して送ってください」といった内容が記載された物件が掲載されていることがあります。

個人的には、あまり好きではないので、オススメはしません。
また、このような内容で、詐欺行為も出回っているようなのでお気をつけください。
※これについては、別記事にてご紹介いたします。

「家探しで覚えておきたい」英単語

「Kijiji」で家探しする際にm覚えておきたい英単語は、以下のものです。

最低限って感じなので、他にもある方は。コメントいただけましたら、追記していきたいともいます!

○家探しで覚えておきたい単語

  • 「Sublet」= 又貸し
  • 「Utilities」= 光熱費(電気・ガス・水道)
  • 「Furnished」= 家具付き
  • 「Include or inclusive」= 〜込み

家探しで「Kijiji」を読み漁って行ったらボキャブラリーがめちゃめちゃ増えていくと思います!是非活用してみてくだささい!

早速「Kijiji」で家探しをしよう!

以上、カナダで「Kijiji」を使って家探しをするコツをご紹介いたしました。

自分で条件を設定し、気になる物件があったら、どんどん連絡を取り合って、内乱に行きましょう!

たくさん経験すれば、英語も上達すると思います!

本記事は僕の実体験からによるものですが、少しでもカナダでの家探しの参考になりまたら嬉しいです!

合わせて読みたい記事



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です