カナダワーホリの入国後、最初の1ヶ月の現地費用はいくら?初月滞在費の節約術ご紹介!


この記事はこんな人にオススメ
  • カナダにワーキングホリデー予定
  • カナダワーホリのはじめの1ヶ月の現地費用が知りたい
  • 現地に到着してから、家探しや職探しを行う予定

カナダワーホリの最初の1ヶ月の現地費用ってどのくらいかかるの?

これからカナダワーキングホリデーに行く人が、知っておいたほうが良い情報。

カナダに到着して仕事が見つかるまで、お金の面で少々不安があるのはもちろんのことです。
※不安がないくらい貯金を貯めてくるに越したことはないです。

僕の実体験を元に、カナダワーホリの最初の1ヶ月の費用をご紹介いたいます。

※本記事は、日本から「最初の1ヶ月の滞在場所」のみを決めて、初月の滞在先を延長するか否か、あるいは引越しするか、現地到着後に決めようと思っている人ベースとなっています。事前にホームステイなどで数ヶ月間の滞在先が手配済みの人の場合は、「家賃を省いた金額」が参考になればと思います。

カナダワーホリで、最初の1ヶ月にかかる費用の予想額

費用の内容 予想額
家賃
(翌月分)
$400~1,000
デポジット代金と家賃
(引越しする場合)
$800~2000
光熱費
(Wi-Fi含む)
$0~100
移動費 $0~150
携帯料金 $30~60
食費 $200~600
日用品 $50~300
衣類系 $0~1000
交際費 $0~1000
その他 $0~500
予想額合計 $1,500~3000
(約12万~24万円)

各費用についてもう少し詳しくご紹介していきます。
※【1CAD = 80円】で計算しています。

家賃(支払い済み)

予想される家賃の金額
「$400~1,000カナダドル」(32,000~80,000円程度)

最初の1ヶ月分の家賃は、事前に日本から支払いしていると思います。

現地到着後、家の雰囲気等に納得して、翌月も住むと決定した場合には、その月のうちに翌月分を支払うことになります。(日本でも大体同じだと思います。)

※ホームステイなどで、事前に3ヶ月や6ヶ月以上の契約になっている場合は、すでに支払いが完了していると思うので不要だと思います。

デポジット代金と家賃(引越しする場合)

予想されるデポジット代金と家賃の金額
「$800~2,000カナダドル」(64,000~160,000円程度)
※家を最初の1ヶ月だけ事前に借りておいて、現地に到着してから長く住む家を探そうと検討している場合。

引越し先が決まった場合、「引越し先の初月家賃」と「デポジット代金」を支払うことになります。

デポジット代金は家賃の「1ヶ月~2ヶ月分」です。

例)「家賃$500」であれば【$500(家賃) + $500~1000(デポジット) = $1,000~1,500

光熱費(Wi-Fi)

予想される光熱費(Wi-Fi)の金額
「$0~100カナダドル」(0~8,000円程度)

基本的に、家賃に光熱費込みのところが多いが、Wi-Fiに関しては、別途料金がかかることもあるので、要確認。




移動費

予想される移動費の金額
「$0~150カナダドル」(0~12,000円程度)

カナダに到着後は、まず空港からの移動があります。主にバスやタクシー。

また翌日から、SIMカード作成、SIN作成、銀行開設、職探し等で忙しいです。

その都度運賃を支払っても良いですが、1ヶ月の定期券パスを購入しておくと、安く済ませられる可能性もあるので要検討。
※定期パスは、毎月1日からの契約(6月1日~,11月1日~など)の場合があるので、お得な方を選びましょう。

参考までに各都市のマンスリーパスは以下のよう。

定期パス種類 値段/月
Compass Card
(バンクーバー)
$98~
PRESTO Card
(オンタリオ州)
$134~
STO
(Gatineau&Ottawa)
$98~

携帯料金

予想される携帯料金の金額
「$30~60カナダドル」(2,400~5,000円程度)

カナダに到着後、SINナンバーや銀行口座開設等で絶対的に必要になるのが、電話番号。到着の翌日にでもSIMカードは作成して、電話番号をゲットしておきましょう。

なお、初月のみSIMカード本体代で約$15の別途費用がかかります。

基本料金については「通話のみプラン」や「ネット併用プラン」で、値段は大きく異なるので、要チェック。

食費

予想される食費の金額
「$200~600カナダドル」(16,000~50,000円程度)

現地に到着して、外食はすると思いますが、節約したい人は食材から調味料など購入しなければならないものはたくさんあります。

もちろん日本食材は日本よりも高いので、もし可能であれば、日本から少しばかり持参すると良いと思います。

交際費

予想される交際費の金額
「$0~1,000カナダドル」(0~80,000円程度)

カナダに到着して、初月。
シェアハウスの場合、ルームメイトとの付き合いはもちろん、そうでなくても、観光はしたいと思います。

下限も上限も、自分の予算と相談して行いましょう。

その他

予想されるその他の金額
「$0~500カナダドル」(0~40,000円程度)

その他の内容としては、僕の場合は主に「家具代金」でした。引越しの際に家具なしだったため。




【約10万円】僕の実際のカナダワーホリの最初の1ヶ月の費用内訳

実際に僕がかかった最初の1ヶ月の費用をご紹介。
※二人暮らしなので、普通よりは安いです。

費用の内容 予想額
家賃
(翌月分)
$0
デポジット代金と家賃
(引越しする場合)
$700
光熱費
(Wi-Fi含む)
$25
移動費 $150
携帯料金 $40
食費 $120
日用品 $20
衣類系 $10
交際費 $50
その他 $60
予想額合計 $1,175
(約10万円)

各費用についてもう少し詳しくご紹介していきます。

支払いの内容

  • 家賃 = 【$0】延長せずに引っ越しました。参考までに、初月はAirbnbで家を探し、間借り生活。$600を二人で折半。(日本から支払い済み)
  • デポジットと家賃 = 【$700】引越しをしたので、1ヶ月分の家賃($700)とデポジット1ヶ月分($700)の計$1,400を二人で折半。
  • 光熱費(Wi-Fi) = 【$25】光熱費は家賃込み。支払いはWi-Fi料金のみ。
  • 移動費 = 【$150】「空港⇨市内(バス)」= $20。「市内⇨滞在先(タクシー)」= $15。「仕事探し等で複数回市内バス利用」= $14。「翌月初にマンスリーパス購入」= $98。
  • 携帯料金 = 【$40】Chatrの通話のみプランだが、初月は、SIM本体代として「プラン+$15」。
  • 食費 = 【$125】調味料はある程度日本から持参したため、費用を抑えることができた。
  • 日用品 = 【$20】シャンプーや石鹸、歯ブラシ等。持参すれば安く済む。
  • 衣類系 = 【$10】冬に到着したので、手袋を購入。厚手のコート等を現地購入予定の場合もう少し費用がかかる。
  • 交際費 = 【$50】最初は軽く観光をしつつ、グルメにも手を出す。
  • その他 = 【$60】引越しをしたので、家具を購入。ソファベッドから机、椅子まで。$120を折半。

初月はどうしても出費が多くなります。

僕の場合二人暮しで、日本から、ある程度の調味料や日用品等を持ち込んだので、割と抑えられたと思います。

ただ、引越しで家具なしの物件を選んだため、家具購入が大きな出費となりました。

【初月の費用節約術】日本からの準備を!

初月の費用を抑えるコツは【日本から準備】をするということです!

一番大きな家賃の部分で、ホームステイや数ヶ月分の家賃を日本から事前に支払いしている人たちは、何十万もかからないと思います。

家賃以外の細かいコツは以下の通り。

カナダワーホリの初月費用節約術
  • 事前に日本から家賃を支払いしておく
    ⇨現地家探しの方が個人的にはオススメ
  • 日本からある程度、調味料等を持ち込む
    ⇨特に醤油等は事前準備必須
  • 月末入国、月初行動開始
    ⇨定期パスは月初からの契約のため

自分で現地に入ってから、家探し(引越し先)を行う予定の人は、大目にみて初月10万~30万円程度は見積もっておいた方が良いと思います。

お金の余裕は気持ちの余裕です。貯金額は多いに越したことはありません!

貴重な時間、カナダワーホリを楽しみましょう!!



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です