【無料で国際電話!】コレクトコールのかけ方!インド(海外)から日本へ緊急時の電話のかけ方!


こんにちは!

インドでは残念ながら、体調を崩したり、盗難や、クレジットカードが動かない、などのトラブルがよく起きます。

そんなトラブル時、日本へ電話代を払わずに電話できる方法があります。

“コレクトコール”

という方法がありますので、ご紹介致します!

インド(海外)旅行中のトラブルで多い順上位の3つ

インドでは残念ながら様々なトラブルに見舞われます。
※他の地域の海外旅行中とも兼ねて記載します。

インドに在住歴2年の僕が、旅行中の様々なトラブルを多い順にまとめました。

1.体調を崩した

インドでよくあるのが、食中毒での体調不良暑すぎて熱中症

そのような事が起こった時、

“保険会社に電話したい!”

という方がとにかく多いです!

2.ATMでクレジットカードが使えない

2つ目は、どういうわけかATMでカードが使えない!

“カード会社に電話したい!”

電話したら解決する場合が多いです。

3.貴重品を盗まれた

インドでは残念ながら、貴重品を盗まれた。ということも多いです。

“クレジットカード・携帯を止めるから電話したい!”

という方も多く、迅速な対応が必要です。




お金をかけずに海外から日本へ国際電話!”コレクトコール”とは?

上記のようなトラブルがあった時は、コレクトコールを使用して日本へ電話をかけることをおすすめいたします!

“コレクトコール”とは?

コレクトコールとは、簡単に言うと、

電話を受信した側が電話料金を全額負担するというもの。
※あくまでも無料ではないので、ご注意を。

ただ、要するに電話をかける側は無料ということです!

KENTA
こちらの最強のサービスを提供してくれるのはKDDIなので安心して使用することができます!

コレクトコール使用時の注意点

コレクトコールを使用する際にはいくつか注意点ありますので、気を付けてください。

注意点
①家族や友人にはかけないこと
②必ず現地の番号からかける
③繋がらない電話番号がある
④時差を考える

①家族や友人にはかけないこと

コレクトコール使用時は、絶対に家族や友人にはかけないでください!

なぜなら、電話代は着信側が負担します。
※発信側は無料です。

この着信側の支払料金がハンパなく高額です!

最初の3分 追加1分毎に 5分電話の場合
2,160円 460円 合計3,080円
KENTA
電話をする相手は必ず、保険会社かクレジットカード会社のみにしましょう!

②必ず現地の番号からかける

コレクトコール使用時は、必ず現地の番号からかけてください。

なぜかというと、

〇コレクトコールの仕組み
【海外回線】
↓↓
↓↓(現地回線だと無料 or 国内通話料金)
↓↓※インドは国内コールフリーなので無料
↓↓
【コレクトコール】
↓↓
↓↓(着信側の負担)
↓↓
【国内回線】
となっているからです。

日本の回線(docomo,softbank,auなど)を使用した場合、コレクトコールまでに通話料が発生するので、なるべく控えましょう。

KENTA
なお、インドからの場合 “Vodafone”を使用してください。”Airtel”だと繋がらないことがよくあります!
またインドは国内通話無料なので、誰でも簡単に携帯電話を貸してくれますよ♪

【2019年度版】インドで簡単SIMカード購入!"vodafone"の購入方法からアクティベート方法まで徹底解説!

2018.07.17

③繋がらない電話番号がある

日本へ電話かけたいといっても、つながらない番号もあるのでお気を付けください。

繋がらない番号
・0120(フリーダイヤル)
・0570(ナビダイヤル)
・050(IP電話)
・その他(着信側がコレクトコールを拒否設定している場合)
KENTA
インド旅行中に使用する電話番号であればほとんどが繋がるかと思います!

④時差を考える

これは非常に大切なことです。

自分がどの国に居て、日本との時差はどれだけか計算すること!

コレクトコール自体は24時間対応しておりますが、着信側には営業時間があります。

しっかりと時差を計算したうえで、営業時間内にかけましよう!

KENTA
インドは3時間半遅れヨーロッパなら大体が7時間遅れです。




コレクトコールのかけ方

〇コレクトコールの流れ
①KDDIジャパンダイレクト番号にかける
②4桁の番号と#シャープを入力
③質問に答える
④繋げたい日本の電話番号伝える
⑤ひたすら待つ
⑥用件を話す

①KDDIジャパンダイレクト番号にかける

どの国から電話をかけるかで、番号が違いますのでお気を付けください!

以下を参考にしてください。
>>KDDIジャパンダイレクト番号

KENTA
インドは“0008117”に電話します!

②4桁の数字と#シャープを入力

音声通話が流れるので、指示に従って、

4桁の数字と#シャープを入力します。

するとオペレーターに繋がるので話をします。

③質問に答える

3つほど質問を聞かれます。

Q.コレクトコールのお申込みですか?
→はい。

Q.どこの国からのお電話ですか?
→インドです。(あなたが今いる国)

Q.KDDIのジャパンダイレクト番号でお間違えないでしょうか?
→はい。
※不安な方は、かけた番号を伝えて確認しましょう。

以上でOKです。

④繋げたい日本の電話番号伝える

Q.お繋ぎしたい番号はどちらでしょうか?
→81-3-6758-2460(東京海上日動海外保険)へお願いします。

Q.どのようなご用件でしょうか?
→体調を崩したので、病院へ行こうと思っています。その際にキャッシュレスが可能かどうか確認がしたいです。

Q.かしこまりました。ではお繋ぎ致します。
→よろしくお願い致します。

⑤ひたすら待つ

ここからひたすら待ちます。

保険会社やクレジットカード会社は、基本的に混んでいるので、繋がらないときは10分待っても繋がらないときがあります。緊急の場合でも気長に待ちましょう。

当然、早い時は30秒くらいで繋がることもありますよ!

⑥用件を話す

繋がったら用件を話します。

電話代は相手持ちですので、緊急時でも焦らずにじっくり、用件を伝えましょう。

KENTA
電話代が相手持ちというのはお金の面だけではなくて、精神的にも本当に助かりますね。

まとめ

コレクトコールは海外多くの国で利用可能です!

インドだけではなく、海外旅行に行く方は是非覚えておくと良いかと思います!

KENTA
まずはトラブルが全くないことを祈りますが!はは

それでは、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

皆さん旅がトラブルに巻き込まれず良いものになりますよーに☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です