【パリ】サクレクール寺院!純白の聖堂と蒼穹の絶美コントラスト!【映画アメリ舞台】


こんにちは!

今回はパリにある聖堂

サクレクール寺院

を散歩してまいりましたのでご紹介いたします!

サクレクール寺院とは?

サクレクール寺院は教会堂

ひげけん
KENTAさん、サクレクール寺院って何ですか?
KENTA
サクレクール寺院は、フランス語圏に多くある教会堂のことで、キリスト教の人達のためにある建物のことだよ!
ひげけん
そうなんですね!

ということは、フランスだけではなく、フランス全体にもあるということですか?

KENTA
その通り!

“サクレクール寺院”と呼ぶ際は、パリのものを指すのが一般的になっているけど、実際はフランス各地にあるんだ!

ひげけん
おお~、なるほど!

映画アメリの舞台

KENTA
実は、サクレクール寺院は、パリ18区のモンマルトルというところにあるんだけど….
ひげけん
どうしたんですか?
KENTA
映画”アメリ”の舞台になった場所なんだ!
ひげけん
あの有名な映画”アメリ”の!

たしかに、写真を見ただけでも素敵な場所ですから、舞台になったいても納得がいきますね!

白い建物と青い空のコントラストがきれいですし✨

KENTA
是非、アメリを見てから訪れることをおすすめするね♪

ということで今回、サクレクール寺院に行ってきたので紹介するね!

ひげけん
はい!よろしくお願いいたします!




サクレクール寺院の場所・営業時間・行き方

場所・営業時間

名称 Basilique du Sacré-Cœur(仏語表記)
Sacre Coeur(英語表記)
住所 35 Rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris, France
営業時間 6:00~22:30
休館日 基本無し
最寄り駅 Anvers(2番線),Abbesses(12番線)

行き方

行き方は簡単、最寄り駅の

・Anvers(2番線)
・Abbesses(12番線)

で下車した後歩いて、すぐにあります!

KENTA
おすすめは、Anvers(2番線)から行くことです!

こちらから行くと目の前が参道になっているので、より楽しむことができます!

メトロの乗り方は以下記事が参考になれば幸いです。

【パリのメトロの乗り方】路線図・切符購入方法・注意点を写真動画付解説!

2018.12.21

サクレクール寺院観光!

おすすめ最寄り駅”Anvers”から下車!

おすすめ最寄り駅は2番線の”Anvers”!

こちらから下りるといきなり可愛いメトロの看板が見れます♪

この入口/出口を正面に左手には参道があります!

サクレクールの参道散策♪

サクレクールに続く綺麗なでお洒落な参道が!

 

僕も記念に1枚写真をパシャリ📷

 

それでは少し散策してみましょう♪

可愛いエコバック♪
(ちなみに細長いやつは、フランスパン専用のバック♪)

 

超絶可愛いポストカード!!

小さいサイズかつ写真も超おしゃれ♪

 

老舗スイーツ屋さん”LA CURE GOURMANDE”

 

自販機カフェ♪トイレ付き!!
※フランスではトイレを探すのに一苦労…そんな中こんなに堂々とトイレを書いてくれるのはありがたい!

 

パリサンジェルマンショップ!

可愛い~カッコいいグッズがたくさん♪

 

そうこうして歩いているとあっという間にサクレクール寺院が姿を現します!

サクレクール寺院がついに姿を現す!

それでは行きましょう!参道から見えるサクレクール寺院♪

こちら!

きれいですね!!

そしてたくさんの人で賑わっています♪

KENTA
ここで1つポイント!

参道を抜けた後、寺院までの行き方は2通りあります!

・歩いて寺院まで行く
・ゴンドラに乗って寺院まで行く

できるなら歩いていくことをおすすめいたします♪

※ゴンドラで行く場合

参道を抜けてサクレクールを正面に左手から乗り場があるのでそちらを利用しましょう!

お値段はメトロと一緒で1.9ユーロ。カルネ(10回数券)の場合は1.4ユーロです♪

 

横には階段もあるので、ゴンドラと競争してもいいですね♪




参道から寺院まで歩いて登ろう!

今回は、歩いて登ることにします!
(寺院正面の右手から坂道があるので上っていけます!)

 

ぷらぷら~~

暖かくて気持ちい♪

 

そしてこの坂道は短いのですぐに広場にたどり着きます!

ここは写真スポット!!

たくさんの人たちが記念撮影中です♪

 

ということで私も!

ダダーーーん!!どうですか?!

“白 × 青 × 緑”の超絶コントラスト♪

 

当然何枚か撮っていたのですが、、、

失敗作なのか成功作なのか。。

こちらの写真もご覧ください!!

もはや僕も笑ってしましましたw

どこの国の人かは不明ですが、素敵ですね♪笑

 

それでは引き続き登っていきましょう!

 

ふらふら~~

みんな記念撮影してますね~~

 

ふらふら~~

 

ちょっと限界です~~~

そのうえで休憩しましょう~~!

 

ということで、ちょっと休憩!!

若干決めてみましたw

 

実はこの休息場所、最高なんです。

なぜなら….

目の前にはこの光景!!

青空に素敵な飛行機雲が!!

そりゃポージングも撮りたくなりますね♪

 

ということで、休憩&撮影もその辺にして上に行きましょう♪

ふらふら~~

 

ふらふら~~

おじいちゃんも歩いています♪

ボンジュール♪

 

すぐにもう一段上の広場に到着♪

たくさんの人がいます♪

 

ここには”ロマ・ジプシー”の子たちがいましたのでお気を付けください!
※以下注意点記載

 

そして上を見ればそこには、、

目の前に、

サクレクール寺院が!!ドンッ!!

 

もうすぐ、目と鼻の先です!!

 

ということで撮影しちゃいました!!笑

イェイ♪

 

このポーズは大丈夫かな?笑

撮影を終えたので、お次は中に行ってみましょう!

早速、寺院内へ入ってみよう!

目の前で見ると迫力が増しますね!

 

ということで、早速並びましょう!

サクレクール寺院は無料で入館できます♪

 

ガードマンもいて、厳戒態勢ですね!

 

荷物検査を終えると、二手に分かれます。
天井ドーム → 有料
寺院内 → 無料

天井ドーム希望の方は、以下の看板に沿って行きます。

 

無料での寺院見学する方は、荷物検査後、右手に進みます!

入り口は歴史ある彫刻が迎えてくれます!

では入ってみましょう!




サクレクール寺院の中

KENTA
館内はフラッシュ撮影禁止なので、お気を付けください!

中に入るとそこには、キリストの絵が描かれた天井画が!

かなり大きく描かれています。

 

その下にはキリストの彫刻と、なにやら棺のようなものが。

 

なんでしょうかこれは。

 

さらに上には、ステンドグラスに囲まれたドームがあります。

日も入って美しいですね。

 

中にはたくさんのろうそくが置かれています。

 

そして、ステンドグラスがきれいですね!

堪能してください。

KENTA
素敵なステンドグラスがたくさんありました!

日の光とマッチングするととても素敵ですね。

人気のお土産”メダイ”

出口付近には小さなお土産屋さんがあります。

日本でもアクセサリーとして人気な、メダイが売っていますので、欲しい方はこちらで購入できます!

入り口と出口は隣り合っているのですが、実はその上には素敵な時計がありました。

情報はありませんが、長い間時を刻んでいるのでしょう。

サクレクール寺院からパリを一望!(出口)

出口を出て外へ。

するとそこには絶景が!!

パリの街を一望できます!!

 

最高の景色です!旅行者もたくさん!

みんな寺院側とパリの町側どちらを観たらいいのか!

KENTA
これもサクレクールの見どころの一つです!♪

夜のサクレクール寺院

夜のサクレクール寺院もお勧めです!

昼よりも、その白さは際立つかもしれません!

 

パリの夜景も一望できるので、こちらもおすすめですね!

KENTA
サクレクール寺院は、昼の顔も夜の顔もどっちらも素敵で、昼夜問わずたくさんの旅行者で賑わっています!

12月25日も観光可能!

12月25日といえば、クリスマスですよね!

フランスでは多くの観光地が閉まりますが、サクレクール寺院は開いています!

12月25日にフランス観光に来てしまって、どこを観光すればいいのかな??

と思っているあなたは是非サクレクール寺院へ!!
(僕も12月25日に観光しました。)

サクレクール寺院の注意点!

サクレクール観光には、観光地ならではの注意も必要です!

軽く上記しましたが、

“ロマ・ジプシー”と”ミサンガ売り”には気を付けください!

“ロマ”・”ジプシー”

ミサンガ売り

注意点と対処法については、以下で詳しく記載してありますので参考にしていただければ幸いです!

パリの観光地にいる詐欺・スリ・窃盗集団?"ロマ"・"ジプシー"とは?対処法も!【フランス】

2019.01.16

まとめ

サクレクール寺院観光についてまとめました!

寺院の白と青空。さらには緑の芝生のコントラストは最高です!

晴れの日に訪れるのがやはりいいですね!

素敵な観光地ですので是非是非訪れてみてください♪

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

みなさんが、最強コントラストの絶景を楽しめますよーに☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です