カナダワーホリのレジュメの書き方!たった2発で決まった僕の実体験。


この記事はこんな人にオススメ
  • カナダワーホリのレジュメの書き方が知りたい
  • 英語でレジュメを書くのが初めて
  • カナダワーホリでなんとか仕事を決めたい

カナダワーホリで一番大変と言ってもの過言ではないイベント「仕事探し」。

仕事探しをする上で必須なものが「レジュメ」(履歴書)

英語にまだ慣れていない人にとっては一苦労。。

2発で仕事が決まった僕のレジュメをご紹介いたします!

カナダワーホリの仕事探しで必要な「レジュメ」とは?

日本でもカナダでも、仕事探しの際に「レジュメ」(履歴書)を書かなくてはなりません。

当然、英語での作成となるため、日本の履歴書とは書き方が異なりますし、用紙のサイズなど、細かいところも変わってきます。

また、カナダでは「Resume」(レジュメ)とも言いますが、「CV」(シービー)とも言うので覚えておきましょう。

カナダのレジュメの書き方の基本

カナダでのレジュメを作成するときに、抑えておくべき基本がいくつかあります。

カナダレジュメ作成の基本

  • レジュメは基本1枚
    ⇨レジュメは1枚で作成しましょう。3,4枚では、読み手も見たくありません。
  • パソコンで作成
    ⇨手書きは避けましょう。
  • レターサイズを使用
    ⇨A4サイズではなく、カナダでは「レターサイズ」です。
  • レイアウトに気を使う
    ⇨余白や字間を見やすいように整えましょう。

実際に僕が書いたのもで詳しく解説していきます!




たった2発で決まった僕のレジュメで書き方を解説

こちらが実際に僕が職を得たレジュメ

レジュメで必ず書くべき項目

  • Name/Address/PhoneNo/E-mail
    ⇨自分の情報について記載
  • Objective
    ⇨目的や希望職種
  • Highlight of Qualifications
    ⇨自分のスキル
  • Work Experience
    ⇨職歴
  • Education
    ⇨学歴
  • Visa Expiration
    ⇨微差情報

これらは必須項目です。詳しく見ていきましょう。

【自分の情報】Name/Address/PhoneNo/E-mail

まず書かなくては行けないが、自分の情報です。

  • 「Name」=名前は、ニックネームでも大丈夫です。僕の場合「KENTA」ですが「KEN」にしています。
  • 「Address」=現住所を記載。
  • 「Phone No」=電話番号を記載。
  • 「E-mail」=メールアドレスを記載。

【自己紹介】Objective & Highlight of Qualifications

簡単な自己紹介を記入します。

  • 「Objective」=目的や勤務可能日を記載
    ⇨Seeking a position that will enable me to enhance my experience and knowledge.Availabilities any time and immediately as a full time staff
    (自分の能力を高めることができるポジションを探しています。勤務可能日はいつでもフルタイムとして働けます。)
  • 「Highlight of Qualifications」=スキル、強み
    ⇨Highly skilled in delivering outstanding service by greeting and serving customers/Extensive knowledge in all areas of restaurant and hotel operations/Unique ability to adapt quickly to tricky situations
    (しっかりと人前に立ち、サービスできます。レストラン等に知識が身についています。いかなる状況にも上手に対応できます。)

【職歴&学歴】Work Experience & Education

職歴と学歴を記入します。

 

【職歴】の書き方(新しい職歴が上に来るように記載)

  • 「職場の名前」
  • 「職場での役職」
    ⇨ホールで働いていたので「Server」
  • 「どんな仕事内容をしたのか」
    ⇨Provided customers with reliable services(信頼のあるサービスの提供)/Served course meal to customer right timing(コース料理の適切な配膳)
  • 「働いた期間」

 

【学歴】の書き方

  • 「大学名/専門学校名」=大学/大学院/専門学校
    ⇨最終学歴を記載。専門やコースについても記載。

【ビザ情報】Visa Expiration

最後にビザの有効期限について記載します。

「Open work permit」はビザの種類で、ワーキングホリデーの人はこの種類です。

 

以上が僕が実際に作成したレジュメです。

参考程度にしていただければと思います。




レジュメ作成の注意点!

作成方法についてご紹介いたしましたが、注意点についても触れておきたいと思います。

レジュメ作成の注意点

  • 誤字脱字には気をつける
  • レイアウトを見やすく
  • とにかく簡潔に作る

誤字脱字には気をつける

誤字脱字には気をつける。

これは当たり前のことですね。

作成が終わった後に、もし周りにネイティブの人がいるようであれば、チェックしてもらうと良いと思います。

レイアウトを見やすく

レイアウトには気を使った方が良いと思います。

僕のレジュメが果たして見やすいかと言われればわかりませんが、少なくとも見にくくはないと思います。

僕のレジュメのレイアウト

とにかく簡潔に作る

レジュメを作る際は、とにかく簡潔に作成しましょう。

あれも書きたい、これも書きたい、ということもあるかと思いますが、読む側にとっては、とにかくシンプルな方が良いです。
(働いているときに何枚かレジュメをもらってボスに渡しましたが、すっきりしているレジュメを、やはり褒めていました。)

英語で書くのは慣れないとは思いますが、なるべく簡潔に書くことにチャレンジしてみましょう!

手直ししすぎない

最後の注意点としては、「手直ししすぎない」ということです。

当然、不備があれば修正はします。

ただし、「ここ、こうした方がいいかな?」「もっとこうした方がいいかな?」など、迷い始めると止まらなくなってしまうので、ご注意ください!

レジュメなんて「型はあっても正解はない」と思います。

結局、仕事が決まれば、そのレジュメが正解なんですから!笑

気楽にいきましょう!

レジュメの書き方は「要点・見やすく・簡潔に」

以上、僕が実際に2発で仕事が決まったときに使用したレジュメの内容でした。

とにかく「要点・見やすく・簡潔に」が、大切です。

初めて英語で作るレジュメは、苦労すると思いますが、ワーホリの1つの醍醐味です!

楽しんでください!^^



\けんたのぶろぐのテンプレート/
WPテーマ【ストーク】
初心者でも超簡単にお洒落なサイトが作れる!
カスタマイズも楽々!
初心者にはおすすめのテーマ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です